語学関連のWEBサービスについて

リッチクライアントはWEBアプリケーションに表現性や操作性を与える存在で、クラウドとは当然別の存在です。

WEBアプリケーションに表現性を与えるリッチクライアント

WEBアプリケーションは、インターネットを快適にすることに役立てられている存在です。そしてその利点から、企業の各種業務にも採用され出した経緯があります。これを用いることにより、クライアントと呼ばれるパソコンなどの端末では、個別にソフトウェアを用意して組み込む必要がなくなりました。また、これはサーバーから提供される為、導入や維持の面で利点があることも大きな理由になります。しかし全てが良いということも無く、WEBアプリケーションは基本的にWEBでの使用が根底にある為、表現性が従来のインストールタイプのソフトに劣るという欠点がありました。

しかし現在ではリッチクライアントの確立により、その表現性は格段に向上し、それに合わせて操作性も向上しています。また、このリッチクライアントも基本的にネットから提供されますので、利便性はWEBアプリケーションのそれと同等であることになります。この利便性と表現性を備えているリッチクライアントは、現在でも普及と進化を続けています。一方、昨今ではクラウドという存在も格段に広がりを見せて来ており、こちらもWEBから提供される技術でありますので、しばし混同される場合もあります。しかしクラウドには表現性などは特に必須条件ではありませんので、当然別の存在であります。

Copyright (C)2018語学関連のWEBサービスについて.All rights reserved.